Windows上のCAPTプリンタをMacから使う!

/*------------------------------------------------------------------------------------------
Macに移行して早一月。
最初は色々と設定に苦労しましたけど、環境移行はほぼ終了して快適に使ってます。
環境移行の中で一番苦労した、Windows上に接続されているプリンタへMacから印刷する設定を忘れないようにメモしておきます。
------------------------------------------------------------------------------------------*/

実際問題、LIPSプリンタをネットワークプリンタとして使うのが手っ取り早いのですが、お金がないので、CAPTプリンタで我慢。
まぁ説明書に「Max OSではUSB接続しか対応していません」と書いてるんですから、それなりに苦労はします。
 
 
今回設定するWindows上で共有しているプリンタはCanonのLPB 3200です。
LBP 3200はWindowsにUSB接続されています。
 
インターネット上で色々と情報を検索すると、Mac上のプリンタにWindowsから印刷する方法は結構いっぱいあるんですが、逆の情報は少ないです。特にCAPTプリンタは壊滅。
Appleのサイトにかかれている方法では、普通に接続できません。
最終的には、神戸大学の方が公開されている以下のサイトを参考にして接続しました。
 
WindowsマシンにつながったWindows専用プリンタでWindows用ドライバを使って Linuxマシン(やMacから)から印刷を行う方法
 
 
ぶっちゃけ↑のサイトを参考にすれば、確実に設定できます。
しかも共有というかデータの流れまでわかってとてもわかりやすいです。
初めは上のサイトを読むことをおすすめします。
以下はWindows XPの設定に予想以上に手間取ったので、自分なりに手順をまとめたものです。
 
 
1.作業の前に
まず、USB接続やその他の方法で接続されたローカルプリンタが必要になります。
通常のインストール作業に従ってプリンタを追加します。
現状、プリンタがあるなら、そのままで。
 
2.Windows用ソフトウェアのインストール
Macからプリンタを共有するにあたって、
RedMon - Redirection Port Monitor
が、必要なのでダウンロード、インストールしておきます。
インストール後のフォルダはどこかに格納しておいた方がいいかもしれません
 
次に、Ghostscriptをインストールします。インストール先は自由ですが、以下デフォデフォルトのインストール先
C:\gs\gs8.54\
であるとして説明していきます。
 
3.PostScriptプリンタの作成
USB接続されたプリンタの仮想PostScriptプリンタを作成します。
今回は、「Canon LBP 3200」の仮想PostScriptプリンタとして「Canon LBP 3200 PS」を作成しました。
「プリンタの追加」→「このコンピュータに接続されているローカルプリンタ」(PNP自動検出はOFF)→「新しいポートの作成」ポートの種類「Redirected Port」
 

 

 
この段階で、新しいポートの種類にRedirected Portが表示されていなければ、上でダウンロードした、Redirection Port Monitorをインストールしてからやり直します。
 
「Port Name」を「RPT1:」としてOKを押します。(2台目以降の場合は、RPT2:、RPT3:…とします)
 

 
「プリンタソフトウェアのインストール」で「Apple」の「Apple LaserWriter II NTX-J」を選択してインストールします。
 

 
で、プリンタの名前を適当に「Canon LBP 3200 PS」などとして、適当な名前で共有しておきます。
 

 
ここでは、便宜上共有名を「LBP3200PS」として話を進めます。
 

 
4.GhostScript設定ファイルの作成
次に、GhostScriptの引数ファイル(?)を作成します。良くわかりませんけど(笑)
テキストエディタなどで、以下のファイルを作成して「C:\gs\」内に「lbp3200.rsp」などとして保存しておきます。
 
-Ic:\gs\gs8.54\lib;c:\gs\fonts;c:\gs\gs8.54\kanji
-sDEVICE=mswinpr2
-dNOPAUSE
-dSAFER
-sPAPERSIZE=a4
-sOutputFile="\\spool\Canon LBP 3200"
 
 
5.PostScriptプリンタの設定
作成した「Canon LBP 3200 PS」のプロパティを開きます。
「ポートの設定」で「RPT1:」を選択し、「ポートの構成」を以下のように変更します。
 
Redirect this port to the program: → C:\gs\gs8.54\bin\gswin32c.exe
Arguments for this program are: → @C:\gs\lbp3200.rsp -
Output: → Copy temporary file to printer
Printer: → Canon LBP 3200
Run: → Hidden
 

 
 
 
ついでに「デバイスの設定」で「ジョブの○にCTRL-Dを送信」を「いいえ」にしておきます。
他の設定は、…しりません(笑)
 

 
 
 
これで、Windowsの設定は終了です。ふぅ。
この段階で、一度テストプリントをしてみてもいいかもしれません。
 
 
 
6.Macへプリンタを追加
次に、Macを設定します。
Macのプリンタ設定ユーティリティを開いて、「追加」→Optionキーを押しながら「ほかのプリンタ」→「詳細」→「SAMBAを利用したWindows プリンタ」で、適当な名称を付け、場所に「smb://ユーザ名:パスワード@ワークグループ/ホスト名/LBP3200PS」を入力。プリンタの種類は「一般設定」のまま。
 

 
で、PostScriptプリンタが作成できます。
 

 
後は、各種ソフトウェアから、このプリンタで印刷を行えばOKです。
 
 
最初、うまく印刷できないのはMacのせいだ! と勝手に思いこんで、Macの設定を色々といじってたんですが、実はそうじゃなかった、というオチ。
印刷する設定が面倒なのは、Windowsの方でした。
 
 
何はともあれ、Windowsマシンが立ち上がってれば印刷はできるようになりました。
 
 
次は、カラープリンタに挑戦!?